好きな本だけ読みたいと、思いながらも過ぎ行く日々は

Mariesh | On the scene <<< My Main Site

Google
 
Web books.mariesh.com
ここの所読んでいた本
鉤爪以降は、桐野夏生の『ダーク』からはじまって、まず↓これ。
影が行く―ホラーSF傑作選
影が行く―ホラーSF傑作選
フィリップ・K. ディック, ディーン・R. クーンツ, Philip K. Dick, Dean R. Koontz, 中村 融

そして次が↓
バッド・ニュース
バッド・ニュース
ドナルド・E. ウェストレイク, Donald E. Westlake, 木村 二郎

そしてまた桐野夏生で↓
グロテスク〈上〉
グロテスク〈上〉
桐野 夏生
グロテスク〈下〉
グロテスク〈下〉
桐野 夏生

そして今頃、カール・ハイアセンの↓
幸運は誰に? (上)
幸運は誰に? (上)

を、読みはじめたところです。
この本ブログずいぶん更新してなかったので、一気にまとめてみました(笑)
16:48 | ドナルド・E・ウェストレイク | comments(0) | trackbacks(0)| - |
ウェストレイクのペンネームをゾロゾロ

前に書きましたが、やたらと多いペンネームが「弱気な死人」の解説にのっていたので、その部分だけ引用してみます。
ジャドスン・ジャック・カーマイケル/グレイス・サラシャス/ベン・クリストファー/P・N・キャスター/タッカー・コウ/カート・クラーク/ティモシー・J・カルヴァー/J・モーガン・カニンハム/サミュエル・ホルト/ジョン・B・アラン/エドウィン・ウェスト/アラン・マーシャル/アラン・マーシュ/アラン・マンスフィールド/シェルドン・ロード……。
さて、いくつあったのでしょうか……?(数えるのが面倒なので、保留)

ここまで来ると、逆にホントにこれで全部なのか? って気分にもなってしまいそうです(笑)
あ、そうそう、これら+本名のドナルド・E・ウェストレイクとリチャード・スタークがあるわけですから……。

2+15──でも翻訳はされていても、ほとんど廃刊のようです。確かに、本屋をうろうろしていても、見たことない名前ばかりです、二つ以外は(笑)
ハヤカワさん、復刊してくれないかなあ……タッカー・コウとサミュエル・ホルトあたりぐらいは。
もし出たら読みますよ〜、わたしは必ず!(笑)
17:58 | ドナルド・E・ウェストレイク | comments(2) | trackbacks(0)| - |
弱気な死人、同時進行です(笑)
弱気な死人
弱気な死人
ドナルド・E.ウェストレイク

家ではネロ・ウルフ、電車の中ではウェストレイクを読みはじめてます。
ところで昨日今日は、ちょっと涼しいですね。
さすがに真夏のカッコはしてません(笑)真夏日は一昨日までで、終わったのでしょうか?──まだまだ油断は出来ませんが。
今年は、9月に入って急に体調を壊した知り合いが多くて、ちょっとびっくりしています。
この夏の過酷な暑さが、少なからず影響してるのではないでしょうか。
16:40 | ドナルド・E・ウェストレイク | comments(0) | trackbacks(0)| - |
只今、悪党パーカー進行中
悪党パーカー/電子の要塞
悪党パーカー/電子の要塞
リチャード・スターク, 木村 二郎

ドナルド・E・ウェストレイクは、滅茶苦茶たくさんのペンネームを持っています。
これはそのうちの一つ、リチャード・スターク名義の日本での最新刊です。

で、悪党パーカーはドートマンダーとは似ても似つかないキャラクターの、冷酷で非情でタフで冷静で、殺人など日常茶飯事(?)の、ユーモアの欠片もない強盗です──ドントマーダーのアナグラムであるらしい、ドートマンダーとは見事なほど正反対(笑)──まあ、強盗にユーモアの欠片があり過ぎる方がヘンというべきかも知れませんが、何しろ私の場合は、ドートマンダー基準ですので……(笑)

で、話はなかなか入り組んでおりましたが、今現在最大の佳境へと入りつつある所を読んでいる真っ最中です。
なかなかスリリングな展開で、最後はどうなるのか楽しみにしつつ進行中です。
18:56 | ドナルド・E・ウェストレイク | comments(0) | trackbacks(0)| - |
立て続けにドナルド・E・ウェストレイク
弱気な死人
弱気な死人
ドナルド・E.ウェストレイク, 越前 敏弥

これは、でも今日の新聞広告で見つけたのでまだ読んでませんけど、必ず読むのでチェック。
ドートマンダーものではないみたいですが、タイトルからしてコミック・ミステリであるのは間違いなさそう(笑)
ヴィレッジ・ブックスって、めったに読まないけれどここはエリック・ガルシアの「鉤爪プレイバック」「さらば、愛しき鉤爪」を出しているところでしたね。

けっこう探してみると、面白そうな本出してるみたいですね。
18:38 | ドナルド・E・ウェストレイク | comments(0) | trackbacks(0)| - |