好きな本だけ読みたいと、思いながらも過ぎ行く日々は

Mariesh | On the scene <<< My Main Site

Google
 
Web books.mariesh.com
新聞で見た『20世紀の幽霊たち』ジョー・ヒル
新聞の読書欄で数日前に見かけた、凄く面白いらしいスティーヴン・キングの息子だというジョー・ヒルという人の本。やたらと褒めちぎられていた──短編は父ちゃんを超えている、とかとか……。そこまで書かれていると思わずチェックしておかないと(笑)と思ってしまったので。
20世紀の幽霊たち (小学館文庫 ヒ 1-2)
20世紀の幽霊たち (小学館文庫 ヒ 1-2)
白石 朗
18:07 | スティーヴン・キング | comments(0) | trackbacks(0)| - |
回想のビュイック8の下を読みはじめてます
回想のビュイック8〈下〉
回想のビュイック8〈下〉
スティーヴン キング, Stephen King, 白石 朗

この前上を読み終わり、下に入ったばかりの所です。
これってどうなるんだろう? こういう話ってオチがつくんでしょうか?
という疑問を感じながら読み進めております(笑)

ところで昨日、色々雑用もあったので買い物に行ったついでに本屋を覗いたんですが、いくら探しても『夜明けのフロスト』を見つけられませんでした──AMAZONにも新聞広告にも出てるのに。名もない町の小さな本屋さんではなく、横浜では老舗の有隣堂とかの有名なリブロですから(笑)
あの、フロスト警部ものが置いてないなんてどういうこっちゃ! と一人憤慨した訳ですが(笑)……実は見つけられなかっただけとか???
でも、文庫のコーナーはくまなく見たのになあ……。

それはともかく、ここ何日か風邪っぽく、仕方ないのでさっきパブロンを飲んだら、今なんかすごい眠気に襲われてます……zzzzz(笑)
18:27 | スティーヴン・キング | comments(0) | trackbacks(0)| - |
久々のスティーヴン・キング
回想のビュイック8 (上)
回想のビュイック8 (上)
スティーヴン・キング, 白石 朗

モダン・ホラーの帝王、あんまり読んでないようで、実はけっこう読んでます。嫌いじゃないです(笑)
しかし量が多すぎるので、把握できてませんけど。
レビューを読んでると、賛否両論のようです。まあ、関係なく読むんですが。
それはともかく、同時にAMAZONで見かけた、こっちの方が興味深いなあ……。

未亡人の一年 (上)
未亡人の一年 (上)
ジョン・アーヴィング, 都甲 幸治, 中川 千帆

この人の小説は、ジョージ・ロイ・ヒルやトニー・リチャードソンという、私にとってはなかなか特別の映画監督が映画化していて、その映画も面白いので、どうしても読んでしまうという作家ですね。この本も映画化されているみたいですね。監督はトッド・ウィリアムズという、全然知らない人ですが──37歳と言えば、映画監督としては若手ですよね。
この二冊の本、どちらも上下に分かれています。

ところで、今日も10月にしてはかなり暑かった……ふう〜。「暑さ寒さは彼岸過ぎても」ってのがこれからの常識になってしまうのかも。
ここ数年以上、家の中でゴキブリって見たことなかったんですが、今年はこの3ヶ月ほどで少なくとも4〜5匹は目撃してしまった──ホイホイにもかかってる模様。これもこの気候のせいのような気がするなあ、マジに(笑)

さて「秋といえば…○○の秋!!」が、今回のトラックバックBOX のテーマなので、平凡ですが、読書の秋ということで……。
18:23 | スティーヴン・キング | comments(1) | trackbacks(0)| - |