好きな本だけ読みたいと、思いながらも過ぎ行く日々は

Mariesh | On the scene <<< My Main Site

Google
 
Web books.mariesh.com
急に昔を思い出し……(笑)
長距離走者の孤独
長距離走者の孤独
アラン・シリトー, 丸谷 才一, 河野 一郎

昔、学生の頃、何故かバーナード・マラマッドやアラン・シリトーを偶然本屋で見つけて妙にハマって良く読んでた頃を不意に突然思い出し、あれこれ懐かしい名前──そこから派生したトニー・リチャードソンやトム・コートネイ等々を検索してみた。
結構出て来る事は出て来るのだが、画像のないモノが多くて……。そこがちょっと淋しい(笑)

この、「長距離走者の孤独」は小説としても映画としても、どっちも非常に魅力的だったと思う。烈しくて、鋭くて、暗くて、でも最終的には惨めさもしっかりありつつ、気持ちいい……。
一度と言わず何度でも読みたい観たいモノだ──と言ってる本人がもう随分長く離れていたけれど(笑)

でも、今日色々検索したおかげで「ドレッサー」以降の消息を知らなかったトム・コートネイ(何と今は"サー"らしい)のその後の出演作品も少し知ったり、かなり前にエイズで死んだトニー・リチャードソンの自伝のタイトルが「長距離ランナーの遺言」だったという事まで知って(高いけど、かなり読みたい……う〜ん!)

今さらながら、インターネットの便利さをつくづく感じ入りました──これは、ホントに使いこなせれば、大したツールだなあって!──怖い事もいっぱいあるんだけれども……。
02:09 | アラン・シリトー | comments(0) | trackbacks(0)| - |