好きな本だけ読みたいと、思いながらも過ぎ行く日々は

Mariesh | On the scene <<< My Main Site

Google
 
Web books.mariesh.com
<< 天使の背徳、読みました | TOP | 立て続けにドナルド・E・ウェストレイク >>
ドナルド・E・ウェストレイクからJ・G・バラードへと
聖なる怪物
聖なる怪物

↑何日か前にこれ、読み終わって、
今は↓これ、読みはじめてます。

コカイン・ナイト
コカイン・ナイト
J.G.バラード, 山田 和子

麻薬とアルコールでもはやほとんど廃人同然の老俳優がインタビューに答えながら、自分の過去を回想するという形をとった「聖なる怪物」は、話の展開と結末は、もう早いうちに分かってしまうので、全然、衝撃の結末でもなんでもないのですが、傲慢で自意識過剰な俳優の、その様子が──いきなり気絶したり、いきなり目を覚ましてしゃべりはじめたり(笑)──あまりにも無惨なので笑うしかないという点で、なかなか楽しめたので、まあまあ面白かったです。

本来、この人の本で読みたいドートマンダーものや悪党パーカーものは、本国ではどんどん新作が出てるらしいのですが、日本でなかなか出てきません。早く、出してくれ〜い!

全然脈絡がない感じで読みはじめたばかりの「コカイン・ナイト」はまだ、面白いかどうかが分かりませんが(笑)──この二作は何の関係もないようで、でも、麻薬つながりになってるような気がしないでもない──まあ、今思いついただけですが……。
バラードは久しぶりです。期待してます。きっと、面白いに違いないと……。

ところで、最近ロリポブログのフォーラムで話題になっていた、トラックバックスパムの拒否設定が出来るようになったので、ちょっと安心しました。あまりにもしつこく、同じヤツを1日に何度も送りつけて来るので、そいつらをいちいち削除しながら、もう、かなり不快でしたから! ホントにタチ悪いですよね!
18:42 | ミステリ | comments(0) | trackbacks(0)| - |

コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://books.mariesh.com/trackback/47293
トラックバック
(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved. [PAGETOP]