好きな本だけ読みたいと、思いながらも過ぎ行く日々は

Mariesh | On the scene <<< My Main Site

Google
 
Web books.mariesh.com
<< 2012.07.03のつぶやき | TOP | 2012.07.04のつぶやき >>
いしいひさいち 仁義なきお笑い
今日の朝刊で見つけた、文藝別冊まるごと一冊いしいひさいちってなってた『いしいひさいち 仁義なきお笑い』は絶対(笑)買おう。何しろ朝日新聞をずっと読みつづけているいくつかの理由のうちの大きい一つが『ののちゃん』なのだから。

他の理由のいくつかは、もう3月で終わってしまったけど斉藤美奈子の文芸時評(中で紹介されてた小説はちっとも読まなかったが、この文芸時評自体が読んでて面白かったので……笑)や、沢木耕太郎の『銀の街から』とか、毎週日曜の書評欄などなど、などなど。

今までには文庫の『コミカル・ミステリー・ツアー』シリーズや『文豪春秋』もかな〜り面白かったし、こんな本が出てるんじゃ読まないワケがないよなあ〜ってことで。
18:58 | diary3 | comments(0) | trackbacks(0)| - |

コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://books.mariesh.com/trackback/961664
トラックバック
(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved. [PAGETOP]